はじめに「あなたが理想としているサロンを作りませんか?」

売上げは上がっているけれど、お金がお店に残らない。売上げの殆どが店長さんが生み出している。スタッフさんが入ったお客様がリピートしないなど。お悩みはありませんか?

きっと、あなたがサロンをオープンする時「こんなお店にしよう。こんなお店になる!」という「理想」があったはずです。

今はその理想が現実になっていますか?

理想を忘れていませんか?

自分はよい技術を持っている。雇われて働いている時は、沢山お客様がついていた。という方は多いのではないでしょうか?でもいざ始めてみたら、お客様が来ない。予約ががら空き。なんて事があります。そしてそれを何とかしようと、いいと思って「Facebookがいいんだよな」「今はインスタグラムか」「ブログがいいんだっけ」と色々やってみるものの変化なし。「ポータルサイトがいいのか!」とやってみるけど、クーポンの安売りで終わってしまう。クーポンで少しお客様が来てくださったのに、全くお店にお金が残らない。こんな経験ありませんか?

私はあります。何でもいいからやってみよう!そう思ってやってみて、集客頑張ったぞ。自分はやったんだから、あとはお客様が今は必要ないのだろう。仕方ない。もう少し駅前に引っ越すか。そんな事を思った事もあります。

でもしっかりと経営の勉強をしたら、これが全て間違いだったと気付きました。

経営はやみくもにするものではなく、意思を持って計画的にやるものです。

あなたの理想をもう一度思い出してください。

それが叶っていないのは、お客様のせいなのでしょうか?

経営は孤独で、長く終わりの見えないものです。時には辛く感じます。その中で理想を現実にしたり、素晴らしいお客様と出逢う事で日々成長しながら、またあなたの理想のお店が育っていくのです。

あなたが悪かったわけではありません。

経営の仕方を知らなかっただけです。

これから学べばよいだけなのです。

私も全く経営の勉強をしていなかったので、ずっと順調に思えたサロン経営はある日突然2,000万の借金に代わり、閉店の危機に追い込まれました。

売上げも上がっていたので、言われるがまま株式にしたばかり。

お金がない中のスタート。何をしてもしなくても返済の期限だけは確実にやってくる。

息子は中学生になったばかり。私は母親であり、妻である。スタッフも居る。逃げるわけにはいかない。

大手エステサロンに就職し、店長まで経験。その後引き抜いてもらい、リゾートホテルにマッサージやエステのサービスの提供、青山のエステ店等に技術提供。国内外を転々としながら技術を学び、満を持してオープンしたサロン。

順調だった人生まで変わろうとしていました。

サロンに着く手前で手が震えきたり呼吸が出来なくなったり、過呼吸で倒れた事もあり、今振り返ってもとてもしんどい時期でした。

でも、あの経験があったからこそ、素晴らしい師匠に出逢えたし、仲間に出逢えたし、学ぶ事ができたし、沢山の仲間、お客様に支えられ、より一層サロンを愛する事が出来るようになりました。

知らない事は恥ではありません。

これからあなたがサロンを変えていけばよいのです。

さぁ、今すぐ始めましょう。

あなたが理想とする、あなたのサロンを一緒に作って行きましょう!

                             美波瑠美